<< 王子稲荷社 | main | 浜松町駅北口 >>

王子稲荷社 2

aj9453
(社務所の奥に奥の院への赤鳥居)
aj9454
(鬱蒼とした木々の中に社が)
aj9455
(更に登ればこれが奥社か)
aj9456
(なおも現れる祠 これが奥社?)
aj9457
(急斜面でひと息 振り返る)
aj9458
(これぞおキツネ様の奥の院?)
aj9452
(不気味さに急ぎ足で拝殿前に戻る)

[王子稲荷社2] 2020.8.2.sun
 キタキツネなどTVで見るくらいで本物のキツネを見た事はありません。神社のキツネ像はコロナ予防のマスク着用、ユーモアで救われますが、薄暗がりで睨まれると石像と言えども不気味です。友人宅にお稲荷さんが二基並んで祀られていたのを思い出します。稲荷神社は伏見系か豊川系、双方有れば、どちらかご利益あるだろうと豪語していました。


↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
お好きな写真をクリック
selected entries
            
links
archives
categories
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM