丸の内

xf1641
(東京駅丸の内南口のビル群)
xf1644
(東京駅丸の内北口付近)
xf1647
(新丸ビル前から大手町方向)
xf1688
(皇居巽櫓、桔梗堀 遠く富士見櫓)
xf1712
(和田倉濠に丸の内ビル群)
xf1696
(和田倉噴水公園の噴水)
xf1719
(東京駅正面 皇居行幸通り)

[丸の内] 2017.11.22.wed
 夕方散歩が続きます。いっそ夜景の方が楽しいのかも知れませんが、会社に立ち寄る都合もあり、与えられた条件に順応する事にします。今日の収穫は和田倉噴水公園で折良く噴水の放出時間に出会い、豪快で美しい水のベールを見ました。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


六義園 宵待ち草

xf2205
(池の水が園内に渓谷をつくる)
xf2214
(園内の丘陵に在る四阿)
xf2231
(園内の茶室も時間延長)
xf2229
(雪吊りも出来て冬の準備完了)
xf2253
(紅葉の背景は駒込の住宅ビル群)
xf2260
(日陰はもう写らないほど暗い)
xf2280
(池畔で点灯を待つ人たち)

[六義園宵待ち草] 2017.11.21.tue
 夜遊び癖がついた訳ではありません。ライトアップの始まった六義園に出かけました。日没に点灯と聞いて待つ事しばし、さて点灯真近、携帯のバイブがポケットで鳴る。いやはや仕事大事!電灯がつき始めた林の中を出口へ向いました。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


夕闇石神井川

xf2036
(王子近く松橋から石神井川)
xf2046
(紅葉橋から金剛寺と石神井川)
xf2051
(人影途絶えた松橋弁天洞窟跡)
xf2044
(瀧野川橋から石神井川)
xf2058
(川音のみ 夕闇迫る遊歩道)
xf2063
(谷津大観音も薄闇の中)
xf2061
(観音橋から石神井川)

[夕闇石神井川] 2017.11.20.mon
 ひまな男も少々忙しい日があり、早い日暮れの散歩に出かけます。慣れた道で川沿いに一直線,安全コースを選びます。写真はストロボやら、手すりにカメラを押し付けたり、手ぶれ防止に必死でした。4時から6時にかけての迷作をどうぞ。


応援のクリック→をお願いします!





↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


神田明神

xf1297
(本郷通り 前方は秋葉原方向)
xf1298
(坂を登った所に神田明神)
xf1300
(随神門の前も会社ビル)
xf1302
(右は自動車お祓いの門)
xf1305
(神仏ブームなのか相当な参拝客)
xf1306
(山王祭,三社祭と並ぶ神田祭)
xf1294
(お茶の水からは坂道は無い)

[神田明神] 2017.11.19.sun
 混迷の時代、救いを求めて神社や仏閣が人気、私の知る範囲ではブームかなと思う程です。それにしても、若者の長い祈り時間には呆気にとられます。神仏に寄りかからず自助努力をと思います。天(神)は自ら助くる者を助く…でしたね。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


上野公園

xf1965
(人ごみを避けてパンダ橋前から)
xf1967
(今日も賑わう怖い絵展)
xf1975
(清水観音堂付近の紅葉)
xf1985
(林の中の野口英世像 福島出身)
xf1989
噴水池に寛永寺文殊楼 骨格再現
xf2013
(修学旅行の子供達 先生神経質)
xf2016
(子供達に人気 国立科学博物館)

[上野公園] 2017.11.18.sat
 土曜は雨と予報が出て、仕事は今日と明日を入換えて散歩に出かけます。修学旅行の子供達があちこちに列をつくり、大賑わいです。モミジやカエデは少ないので真っ赤と言うより朱色と黄色が主流ですが山の中は、美しく色づいています。(ph/昨日


応援のクリック→をお願いします!


)


↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


瀧野川公園

xf1960
(JR上中里から徒歩3分)
xf1956
(安全で静かな子供遊び場)
xf1957
(秋のバラか子供遊園に咲く)
xf1953
(起伏を利用し和洋庭園に)
xf1942
(水流も落葉さらいで中止)
xf1949
(山茶花と銀杏の黄葉)
xf1935
(歴史在る農業研究所跡記念碑)

[瀧野川公園] 2017.11.17.fri
 ここは御殿山遺跡として先石器時代から近世に渉る複合遺跡だそうです。武蔵国豊島郡の地方事務所も置かれたようです。また日本の農業技術研究所は明治26年はじめて、ここに設立され筑波へ移る90年間、日本農業発展に貢献したとの事。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


王子音無川

xf1583
(渓谷の雰囲気が残る音無川)
xf1432
(JR王子駅まで遊歩道が続く)
xf1431
(王子神社への参道でもあります)
xf1435
(飛鳥山の隣でお花見の名所)
xf1588
(舟串橋から紅葉した桜紅葉)
xf1413
(石段の上に王子神社)
xf1415
(大樹に囲まれた王子神社拝殿)

[王子音無川] 2017.11.16.thu
 紅葉は逆光,桜は順光と教わりましたが、先輩方は良い事を言いますね。でも光が弱い曇天や日陰では、どうすれば良いのでしょう。考えるのが老化防止、また楽しみでもあります。同じ場所を何度も掲出するのは審査を受ける気持ちです。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


大手町

xf1681
(皇居大手門)
xf1677
(大手町永代通り)
xf1652
(野村ビルの時計塔)
xf1656
(完成間近の逓信博物館のビル)
xf1661
(読売新聞社前の花壇)
xf1663
(大手会社も敬遠 将門首塚)
xf1662
(大手町 本郷通り)

[大手町] 2017.11.15.wed
 東京にン十年、TVで見る地方都市が立派になったことに驚きます。格差が問題になりますが、狭い高い土地で窮々するより、地方へ移転したらと思います。昔の村八分など因習の残る田舎暮らし、もう、そんな心配は無いのでしょうか。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


松平信綱公廟所

xf1883
(武蔵野の面影を追って…)
xf1889
(皇族のみの参詣路 立入禁止)
xf1891
(もはや墓では無く墓城)
xf1888
(墓石の文字も見えず)
xf1892
(全部 松平家とは驚きです)
xf1887
(東照宮と違い下部が太い石灯籠)
xf1886
(周囲を守る兵馬俑のよう)

[松平信綱公廟所] 2017.11.15.tue ph.12
 松平家と言われてもサッパリ、東映時代劇でお馴染みの知恵伊豆と言われればハハーン。松平伊豆守のお墓と言う事らしい。権力者の墓所として一族がこう纏まって葬られている墓地は少ないらしい。日も落ちての訪問、何処が誰の墓やら…


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


平林寺

xf1854
(山門 午後遅く光量不足で残念)
xf1864
(佛殿のわら葺き屋根)
xf1903
(もみじは裏側から逆光線向き)
xf1878
(感応殿?神社風の建物)
xf1905
(日差しのある方が美しい)
xf1860
(戴渓堂 建物との調和も美しい)
xf1865
(パステルで塗ったように鮮やか)

[平林寺] 2017.11.14.tue ph.11/12.
 東京近郊に今も武蔵野の面影を残す平林寺境内、じっくりと味わう予定でした。でもこの紅葉に魅了され奥庭まで及びませんでした。紅葉はTVで紹介される奈良,京都に限った事ではありません。JRに貢献せずに身近な散歩で楽しめます。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
お好きな写真をクリック
selected entries
            
links
archives
recent comment
categories
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM