滝野川

kimg155
(滝野川橋から石神井川)
kimg138
(紅葉橋から紅葉寺こと金剛寺)
kimg153
(松橋弁天洞窟跡 湧き水が流れ出る)
kimg133
(桜の名所も今は紫陽花が咲く)
kimg181
(谷津大観音像 座像は目面しい)
kimg166
(石神井川も観音橋付近は鬱蒼と)
kimg170
(板橋との境界近く滝野川八幡神社)

[滝野川] 2019.6.19.wed
 石神井川の下流です。板橋付近より滝野川とも呼ばれ、王子からは音無川となります。滝野川付近はかつて風光明媚な避暑地で、江戸の豪商などが別荘や保養所など、観光名所でもありました。三ノ輪橋の解説版にも音無川とありました。山谷堀を経て今戸橋で大川(隅田川)に合流します。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


上野不忍池

kimg0674
(不忍池 雲が広がる梅雨の谷間)
kimg0676
(ボート池のスワンボートは大人気)
kimg0679
(池畔に半化粧が色づいた)
kimg0673
(池を廻る散策路をアジサイが彩る)
kimg0675
(青色は酸性、赤色はアルカリ性土壌とか)
kimg0681
(これは酸性か反対か?赤も綺麗)
kimg0677
(七変化と言う呼び方もあるらしい)

[上野不忍池] 2019.6.18.tue
 半化粧が咲いたと言うのか、色付いたと言うのか、ともかく緑の葉の半分が白くなりました。花穂はまだですが、季節は確実に移っていきます。梅雨の合間の晴天に、ボート乗場は大繁盛、沼畔のアジサイも見事に咲きそろい、おっと、アジサイの花は中心のゴマ粒のような部分、ややこしい。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


上野公園

kimg0706
(上野駅公園口付近の賑わい)
kimg0706
(東京都文化会館横 左に西洋美術館)
kimg0699
(花園稲荷の鳥居は外人客に人気)
kimg0691
(清水観音堂と弁天堂を結ぶ石段)
kimg0692
(露天商が並ぶ弁天堂前)
kimg0680
(弁天堂の裏手は不忍池ハス池)
kimg0682
(ハス池は水面も見えぬ程の広がり)

[上野公園] 2019.6.16.sun
 嫌っていたスマホを使って見ました。一眼レフや用品を持ち歩くのは疲れを覚える様になりました。しかし所詮は自己満足、お一人でも1点でもご覧下されば至上の喜びです。ミレナリオの年に始めた[今朝の東京]、2年前、移転の為、[昨日の]や、[午後の]も有りますが宜しくお願いします。


応援のクリック→をお願いします!





↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


別所沼

aa0013
(梅雨の合間 浦和別所沼)
aa0012
(沼畔に咲く紫陽花も色着く)
aa0018
(巨木の並木をジョギング)
aa0019
メタセコイアが影を落とす
aa0023
太公望の為の釣りデッキも続く
aa0033
(小遊園や運動場,レストランも)
aa0040
(弁天島から田島通りの並木)

[別所沼] 2019.6/15.sat
 水面に影を落とす巨木の影、並木を縫ってジョギングの若者、犬を連れた散歩の老婆、小遊園に子供達の声も響く。詩人、立原道造のヒヤシンスハウス、弁天島の小園地も、何とロマンチックな事でしょう。梅雨の合間にのんびり散歩です。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


八重洲通り

ZE6894
(東京駅八重洲口から呉服橋方向)
ZE6896
(駅前臨時バザール 旅行者人気)
ZE6891
(東京駅八重洲口から八丁堀方向)
ZE6900
(八重洲口交差点 中央通り)
ZE6902
(八重洲口から京橋,銀座方向)
ZE6907
(八重洲通り昭和通り交差点)
ZE6904
(八重洲通り首都高宝町付近)

[八重洲通り] 2019.6.14.fri
 この地に謂れ有るヤンエーステンとか言う異人さんの名前が、ヤエスになったとか。東京駅から八丁堀や新川を経て中央大橋そして石川島へ伸びるのが八重洲通りです。それにしても良い文字を充てました。八重に広がる洲を連想します。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


中央大橋

ze6960
(独特の橋柱をもつ吊り橋)
ze6954
(欄干も大カーブの変形吊り橋)
ze6950
(隅田川下流 佃大橋,勝鬨橋方向)
ze6962
(隅田川上流 永代橋は工事中)
ze6961
(橋の裏を見ると大カーブが分る)
ze6957
(隅田川に標準水位測定器)
ze6958
(中央大橋からシーサイド21)

[中央大橋] 2019.6.13.thu
 この橋は中央区新川から石川島方向に渡る橋です。今風に言えばシーサイド21地区です。都内を縦断して流れて来た隅田川が二つに分かれ、一つは相生橋へ一つは勝鬨橋へ流れて行きます。橋自体は大カーブを描き相生橋方向へ向かいます。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


南浦和

aa0060
(南浦和駅近く 沿道の紫陽花)
a0050
(宝性寺裏の庚申塔,供養塔)
aa0056
(宝性寺裏の小公園で)
aa0054
(同公園のガクアジサイ見事)
aa0083
(木陰の多い一つ木公園)
aa0086
(沿道のビヨウヤナギ)
aa0089
(さいたま市文化センター)

[南浦和] 2019.6.12.wed
 矢張り雨降りは嫌ですね。でも雨に濡れた街路樹や、沿道の植込みの緑が美しく輝き出します。傘を差しての散歩は少し億劫ですが、今日の雨は帰り道に遭遇、浦和も坂の多い町、濡れた道路も美しい。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


浦和玉蔵院

ze6698
(浦和駅前から 県庁通り)
ze6696
(落着いたデザインの埼玉会館)
ze6679
(門前通り 正面が玉蔵院)
ze6681
(威厳ある玉蔵院山門)
ze6684
(保存される旧山門 鐘楼門)
ze6687
(玉蔵院本堂 左手に地蔵堂も)
ze6688
(地蔵堂 浦和市文化財1780建立)

[浦和玉蔵院] 2019.6.11.tue
 浦和の名刹として名高い玉蔵院です。隣接する敷地や道路で区切られた境内を見ると、かつての豪壮な寺院の規模を推察できます。特に地蔵堂は浦和市の文化財でもあります。街を歩くと中山道浦和宿だけあり、遺跡遺構の多い街です。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


大谷場氷川神社

aa0066
(南浦和駅前の小高い丘は…)
aa0072
(キジが護る大谷場氷川神社)
aa0071
(こちらのキジは阿吽の吽)
aa0073
(石段を登ると神社の赤鳥居)
aa0076
(大谷場氷川神社の拝殿)
aa0074
(広い境内に朱塗りの旧宮)
aa0081
(北斜面の紫陽花は咲き始め)

[大谷場氷川神社] 2019.6.10.mon
 南浦和の駅周辺も変貌するなか、開発されずに残る小高い丘、まるで一つの島のようです。ここに由緒正しき大谷場氷川神社が建っています。童話桃太郎に登場するキジが社前を護るのは目面しい。浦和にはウサギの調宮もありますがね。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


上野不忍池

za6801
(不忍池 スカイツリーも見える)
ze6807
(スワン型人気で旧型は不人気)
ze6810
(弁天堂は裏から見ると大きい)
ze6816
(弁天堂前の大黒天も近頃人気)
ze6762
(流れる民族音楽 木陰に憩う)
ze6761
(下町資料館は江戸の生活を紹介)
ze6819
(石段を登ると清水観音堂へ)

[上野不忍池2] 2019.6.9.sun
 ハス池の上を民族音楽が流れて来ます。音の方へ向かうと下町資料館の前で外国人がケーナの演奏をしています。アンデスの故郷を思いながら吹いているのでしょうか。どこか物悲しい響きです。散歩の人もそこここから集まって来ました。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
お好きな写真をクリック
selected entries
            
links
archives
recent comment
categories
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM