岩渕水門 2

aj7976
(青水門 遠く川口の水門が…)
aj7996
(赤水門 中の小島へ渡れる)
aj7985
(青水門から都心へ向かう隅田川)
aj7980
(青水門からハートランド団地)
aj7979
(青水門前から上流方向)
aj7986
(隅田川と荒川に挟まれた緑地)
aj7988
(手前に隅田川 右に流れる荒川)

[岩渕水門2] 2020.5.29.fri
 コロナ宣言解除で東京タワーの展望室が再開したそうです。老人と身障者はエレベーターOK、普通の人は外階段を600段のぼって下さいとのこと、時間が有れば登って見たい。展望室からの展望写真は、いつもガラスが邪魔になります。そのガラスの無いオープン階段らしいのでチャンスです。○○と埃は高い所が好きと細君に一笑に伏されました。○○と言われたく無いし我慢、ガマン。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


岩渕水門

aj7954
(新荒川大橋 前方は川口市)
aj7956
(川口方向に新ビルが増えている)
aj7962
(赤水門と青水門)
aj7968
(現地保存の退役した赤水門)
aj7972
(コロナ前から工事中の青水門)
aj7973
(赤水門の橋を渡ると小島へ)
aj7977
(隅田川の水量を守る青水門)

[岩渕水門] 2020.5.28.thu
 新荒川大橋を挟んで上流側が赤羽桜堤、下流側は岩渕水門公園と呼ぶようです。河川敷はBBQ広場などピクニックにお花見に、中の小島は夕涼みや花火大会、都民ばかりか埼玉からも多くの人が訪れます。私は北区が地元、離れた世田谷,渋谷,杉並などは散歩が少なく、時間をつくって踏破したいもの。思えばミレナリオから20年、飽きずに良く歩きました。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


赤羽,志茂

aj8010
(赤羽駅近くのカトリック教会)
aj8008
(ララガーデンの女性像)
aj8006
(駅から長いアーケード)
aj8004
(ララの東口はメルヘンの女児)
ah8303
(赤羽宝憧院前の地蔵堂)
ah8298
(歴史感漂う宝憧院の六地蔵)
aj8002
(新河岸川の水難者供養像)

[赤羽,志茂] 2020.5.27.wed
宣言明けに先ずは赤羽から東京散歩を再開します。東京と埼玉の職場を何度、往復したでしょう。テレワークとやらで2ヶ月くらい、どれ程の事でも有りません。なのに10年も閉じ篭っていた感さえ覚えます。2ヶ月も動けないのは入院したときの不安感と似ています。コロナ以前は東京全域の移動ですが、本日は久々に埼玉から県境を越えて、徒歩で東京入りとなりました。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


今朝の東京(復刻2)

dsc06644
(皇居外苑から芝方向2009/9)
dsc07010
(石神井公園にて2007/12)
dsc51553
(日比谷東宝劇場前2004/8)
dsc54017
(西新橋付近で風の像2007/7)
dsc54825
(宇田川家長屋門2007/8)
dsc70107
(上野国際児童図書館2019/3)
dsc73482
(駒形橋東詰の女性像2019/7)

[今朝の東京] (復刻2) 2020.5.26.tue
 在宅勤務から久々の出社、オフィスには留守電もFAXも入っていません。DM郵便も僅かです。PCメールで少々の連絡は有ったので楽観していました。経済を語るほどの知識はありませんが、テレワークで全社が休業状態だったのかと驚きました。新しい生活様式や新しい企業環境など、どう見直したら良いか自問自答。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


[今朝の東京] (復刻)

2572
(荒川自然公園 2010/9)
0242
(国会議事堂 2002/12)
5406
(入谷朝顔市 2001/7)
0045
(上野公園博物館前 2009/10)
4457
(歌舞伎座 2004/7)
5655
(恵比寿ガーデンP. 2003/6)
6641
(皇居前祝田橋通り 2001/9)

[今朝の東京] (復刻) 2020.5.25.mon
 コロナ宣言は、解除されそうです。[今朝の東京]も都内散歩を少しずつ再開したいと思います。今回は[コロナ前の東京の朝]をup-roadしてみました。(撮影年/月も記載) お目にかけた写真も有ると思いますが、徐々に新しい写真をup-roadしたいと思います。宣言解除でも、コロナがゼロでは無いそうです。頑張ります。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


西新井大師 2

aj7926
(巨大な大本堂 今日は自粛中)
aj7925
(鐘楼前の池 和庭園の趣)
aj7928
(手水所の水盤に童子像)
aj7935
(さざえ堂,加持の井戸,水子堂)
ag7936
(特徴の有る本堂前の香炉)
aj7942
(本堂裏手に静まり返る奥の院)
aj7946
(聳える仁王門 建造木材を再生)

[西新井大師2] 2020.5.24.sun
 さすがはお大師様、六堂伽藍と言いたいのですが10堂以上は建ち並んでいます。都内散歩を続けていると、街角に[だいしみち]と彫られた石柱を見かけ、お大師様の偉大さを思い知らされます。宗教苦手の私メも、お大師様と[お]を冠して敬意を示します。手を合わせる程度の尊敬は忘れていません。今日はコロナ退散と経済復活を祈るばかりです。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


西新井大師

aj7911
(土産店はほとんどお休み)
aj7914
(最近改装された山門)
aj7915
(キンキラキンで無いのが良い)
aj7918
(阿像吽像ともに個性的)
aj7920
(こちらは白木の門 時代風)
aj7921
(旧本殿か? これも美しい)
aj7924
(やはり人影少ない大本堂前)

[西新井大師] 2020.5.23.sat
 病院へ通院は例外でも、コロナは認めてくれまい。息子に北千住の病院まで車で送迎して貰う。帰途、懐かしき散歩コースの一つ、西新井大師の付近を通過、疫病退散を祈ってから、30分ほど境内を散策する。山門は立派にリニューアル、社務所はコロナ自粛でお休み、旧本殿か今日は前に荷物等が無く建物の姿が見えて美しい。参拝者は自粛で流石に少なく私も少々気がひける。お大師様許して。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


見沼通船堀3

Ai0129
(通船堀は終点が曖昧)
Ai0126
(休憩所の前にバラの家がある)
Ai0138
(八丁堤まで戻り芝川を北上)
Ai0142
(両岸に砂利道の歩道がある)
Ai0136
(会員制農地の看板を過ぎ桜橋に)
Ai0137
(修理中の桜橋は木造の橋)
Ai0144
(農道を東浦和に向かう)

[見沼通船堀3] 2020.5.21.thu
 そろそろ怠け癖が付きそうで怖い。東京で5人に減ったと言えばコロナの話。通勤時間が自由時間となり、読書や音楽鑑賞の優雅な生活、本当はこう有るべきでした。何とかPCを入れ替えて本気でテレワークにしたいもの。これからは新しい生活様式でと大臣は言うが、具体策は自分で考えろと言う事ですよね。


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


見沼通船堀2

Ai0105
(堀のT字路は八丁堤と通船堀橋)
Ai0081
(昔の広大な見沼田圃を思う)
Ai0101
(八丁堤 芝川の清流)
Ai0103
(川畔に水神社の森)
Ai0102
(かつての盛大な祭礼写真掲示)
Ai0108
(堀は八丁堤と交差し木曽呂へ)
Ai0115
(パナマの様に水位を揃える堰)

[見沼通船堀2] 2020.5.20.wed
 江戸時代後期に見沼代用水と芝川との水運を可能にする水路と閘門を建造したそうです。今は使われていませんが一部を再現、観光化しています。水路に沿った生活道を散策し、今も残る見沼田圃の草原や農地、広がった景色を堪能しようと言うことです。途中の水神社の掲示写真が嘗ての隆盛を思わせ旅情ひとしお…


応援のクリック→をお願いします!



↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


見沼通船堀

Ai0068
(東川口駅に程近くの草原)
Ai0072
(川沿いに行くと竹林入口)
Ai0076
(美しい竹林 盗難防止の網?)
Ai0074
(竹林からも通船堀沿いに)
Ai0082
(竹林に行かずに沿道へも)
Ai0089
(川沿いに附島女体神社)
Ai0094
(舟が往来した頃は倍の広さ)

[見沼通船堀] 2020.5.19.tue
 東浦和から5分の所に見沼通船堀があります。一帯は公園となっており、竹林の前が正面入口でしょうか。近隣散歩は心身健康の為に自粛不要との事、三密を避けて歩きます。今日はご夫婦や若いカップル、一人歩きのご老人をお見かけしました。地元の人の話では、木製閘門の通船実演を見せる機会もあるそうです。


応援のクリック→をお願いします!




↑記事が気に入ったら、ゼヒこのくらげアイコンを押してください。ありがとうございます。


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
お好きな写真をクリック
selected entries
            
links
archives
categories
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM